HOME > ビバ!JA > 青年部> 女性部無料職業紹介事業農地保有合理化事業

 


 

スノーメッセージ完成!

2016年2月25日

  2月25日、例年取り組んでいるスノーメッセージを作成しました!
まずは段ボールの型で字を書いたり




チェーンソーで雪を削ったり


盟友みんなで協力し合い無事完成しました!

 

投稿者:広報担当T・T

ページの上へ戻る



 

JAびばい青年部通常総会開催

2016年1月15日

  JAびばい青年部は1月15日、第67回通常総会をJA3階大会議室で行い、部員30名が出席した。役員改選では、新部長に土屋謙氏(前副部長・山形)が選ばれました。
 来賓の挨拶で岸定専務は「これからの10年、農業は変わらざるを得ない。経営センスを磨き、地域農業振興の核として役割を果たしてほしい」と部員らを激励。総会は長谷川敦史氏(沼の内)を議長に全6議案を原案通りに決め、事業計画では地域のリーダーとして農業を守るため、自分たちの思いを発信する活動に取り組むとしました。
 議事終了後の新役員挨拶で土屋新部長は「一致団結して頑張っていきたい」と決意を新たにしました。

 

投稿者:広報担当T・T

ページの上へ戻る



 

新部長田村秀二氏「みんなが笑える青年部に」

2015年1月15日

  1月15日、第66回通常総会をJA会議室で行い、部員39名が出席。役員改選では新部長に田村秀二氏(前副部長・北美唄)が選ばれました。
 総会は谷津和幸氏(北美唄)を議長に、全6議案を原案通り決めた。事業計画では「安全・安心」な農産物を供給し、消費者との交流を通して「農業」の大切さを伝える活動や農業者として幅広い視野で多くのことを学ぶ活動に取り組むとしました。
 議事終了後の新役員の挨拶で田村新部長は「役員の経験を生かし、今年度の青年部を盛り上げて行きたい」と決意を新たにしました。

 

投稿者:広報担当T・T

ページの上へ戻る



 

参加者全員でキメポーズ!スノーメッセージ完成

2014年2月23日

  2月23日、青年部による毎年恒例のスノーメッセージ製作が行われました。
 まずは雪に文字や絵を描くための準備。段ボールで型を作っています!
     

みんなで協力し合って仕上げていきます。


無事完成!お疲れさまでした!

 

投稿者:広報担当T・T

ページの上へ戻る

 

新部長に牧野健仁氏!青年部通常総会開催

2014年1月16日

  1月16日、第64回通常総会をJA会議室で行い、部員33名が出席。役員改選では新部長に牧野健仁氏(前副部長・元村)が選ばれました。
 総会は議長に鹿島弘幸氏(上美唄開拓)を選び全7議案を原案通り決めた。事業計画では「安心・安全」な農産物を供給し、消費者との交流を通して「農業」の大切さを伝える活動、「美唄の農業」また「日本の農業」を守る活動に取り組むとしました。
 議事終了後の新役員のあいさつで牧野新部長は「元気溢れる、若さ溢れる青年部活動を行います」と決意を新たにしました。

 

投稿者:広報担当T・T

ページの上へ戻る



 

決意を刻むスノーメッセージ完成

2013年2月26日

  JAびばい青年部は2月23、24日の両日、美唄市進徳地区の国道12号線沿いに将棋の駒をかたどったスノーメッセージの雪像3基を部員約40人が参加して完成させました。
 製作は朝9時から油圧ショベルを使い、枠の中に雪を押し詰め原型を作り、スコップやチェーンソーを使い整形しました。
 幅10メートルの雪の台座中央に高さ3.6メートルの雪像1基とその両脇に高さ1.8メートルの雪像2基を設置。中央は「絆」、両脇は「結」、「束」の文字を刻み、メッセージ「食の安心を守る」が添えられ、国道を利用する消費者に向け青年部の決意を力強く発信します。
 スノーメッセージは同青年部が加盟する空知地区JA青年部の統一事業として行われており、農業者の心意気を消費者にアピールする活動して20年目を迎えた。同青年部の作品は2009、10年と空知地区の最優秀賞に輝いており、今年の作品も期待が高まります。
 見頃は天候にもよりますが、1週間程度を思われます。車で通られる方は、事故に十分注意されて「スノーメッセージ」をご覧下さい。


 ↑ 枠に雪を詰め、水を含ませ固めます。

       
         重機で枠を持ち上げ、更に雪を積み上げます。↑


 ↑ 中央に雪像に「絆」の文字を刻みます。


  完成しました。2013年 JAびばい青年部スノーメッセージ

 

投稿者:広報担当T・H

ページの上へ戻る



 

JA青年部 新部長に高橋大輔氏(元村)

2013年2月25日

  JAびばい青年部は1月18日、第64回通常総会を同JAで行い、部員33人が出席。総会では事業報告や平成25年度事業計画など全7議案が原案どおり承認された。
 総会は議長に米内彰吾氏(上美唄)を選び、事業計画で「安心・安全」な農産物の供給。また、「農業」の大切さを消費者に伝える活動などに取組み、盟友の結束を高めていくことを決めた。第5号議案の役員改選では、高橋大輔氏(元村・前副部長)を新部長として選出した。
 総会後の2月1日に開いた青年部新旧役員会で高橋新部長は「更なる向上を目指し、志を高く持ち、盟友の絆を大切に青年部事業を進めたい」と決意した。
 また、飯田君利前部長にその功労を称え海老田組合長より感謝状が贈られた。
 新役員は次のとおり。(敬称略)。

◎部      長 ・ 高 橋  大 輔(元 村/前列右より3人目)
◎副  部  長 ・ 牧 野  健 仁(元 村/前列右より4人目)
◎副  部  長 ・ 新 関     聡(山 形/前列右より1人目)
◎副  部  長 ・ 田 村  秀 二(北美唄/前列右より2人目)
◎営農委員長 ・ 伊 藤  大 剛(中 村/後列右より2人目)
◎事業委員長 ・ 金 子 堅太郎(上美唄/後列右より1人目)
◎交流委員長 ・ 佐 藤  允 理(中 村/後列右より3人目)
◎監       事 ・ 五十嵐 祐 介 ・ 花 井 敬 芳
◎参       与 ・ 佐々木 伴 雄 ・ 飯 田 君 利

 

投稿者:広報担当T・H

ページの上へ戻る



 

消費者と交流収穫体験!

2012年7月27日

    青年部(飯田君利部長)は7月15日、美唄市外の消費者との交流を図ることを目的した「消費者交流収穫体験」を美唄市中村の部員・花井敬芳さん宅で行いました。
 参加した消費者は、札幌に住む女性19名で、部員36名がサポート役を務めました。収穫体験は、参加者を3班に分け、各班に部員が付き、収穫方法などをアドバイス。参加者は、用意された収穫用のハサミを手にトマトやきゅうりを丁寧に収穫。また、じゃがいもと長ねぎの収穫では、土から直に手で掘ったり、抜いたりする作業に、はしゃぐ場面も見られました、
 昨年もこの収穫体験に参加した女性は「今年は、色々な野菜が収穫できて、楽しかった」と笑顔で話してくれました。
 この企画を担当した青年部・交流委員会及川浩司委員長は「これからも消費者の立場に立って、喜ばれるイベントにしたい」と熱く話した。
 この後、JAらいす工房(美唄市癸巳町)で、炭火コンロを囲んだ焼き肉懇親会が開かれ、採ったばかりのじゃがいもをアルミホイル焼きするなどして、さらに消費者との交流を深めた。

収穫した野菜を前に喜ぶ、参加者。

大豆畑の草取り。これも「重要」な消費者交流体験です。

収穫体験の最後に、花井敬芳さんの父・捷明さんを囲んで全員で「パチリ」

投稿者:広報担当T・H

ページの上へ戻る



 

ミニバレー大会で熱戦繰り広げる!!

2011年11月16日

   空知農協青年部南部ブロック(JAみねのぶ 森川真孝議長)は10月16日、岩見沢市スポーツセンターでミニバレーボールの親睦スポーツ大会を開催しました。
 当日は、JAびばい、JAみなのぶなど8単組南部ブロックの青年部員ら約130名が参加して、熱戦を繰り広げました。
 当Jびばいからも2チーム(Aチーム・Bチーム)が出場し、Aチームが数年ぶりに予選リーグを突破して、決勝トーナメントまで駒を進めましたが、月形と接戦の末、1回戦で敗退しました。
 各チームとも珍プレー、好プレーやハプニングの続出。会場は笑いと拍手を誘い、気持ちの良い汗を流して楽しみました。
 閉会式終了後には、参加者全員で親睦会を行い、青年部ごとの挨拶は大いに盛り上がり、日頃の疲れを忘れさせる楽しい一時を過ごしました。

投稿者:広報担当H・Y

ページの上へ戻る



 

JAびばい青年部
  消費者交流収穫体験を開催!!

2011年9月6日

   7月18日、56名が参加して、青年部主催の消費者交流収穫体験を開催しました。
 収穫体験は3班に分けて、各青年部員宅へ。メロン、ミニトマト、軟白長葱、ほうれん草やなす、花き(スターチス)の収穫体験をしました。
 収穫体験終了後には、らいす工房でバーベキューを開催。日が暮れるまで懇親を深めました。みなさん、お疲れ様でした。


ミニトマトの収穫をしました☆


軟白長ねぎの収穫体験☆お疲れ様でした!


らいす工房でバーベキューを開催☆






最後に全員で記念撮影!お疲れ様でした!!

投稿者:HP担当O・J

ページの上へ戻る



 

JAびばい青年部新体制決まる!!

2010年2月9日

   第61回通常総会が1月26日に開催されました。樋浦部長は「昨年7月から8月にかけ、多雨、日照不足により農作物全般的にとても厳しい年となりました。また農業政策は、民主党に政権が変わり、米の戸別所得補償モデル対策ができるなど大転換期を迎えることになりました。青年部は盟友と力を合わせ、美唄の農業発展に努めていきます」と挨拶をしました。
 総会は無事承認され、今年度の新体制が決まりました。
 部    長 藤田 氏
 副 部 長 真鍋 氏
 幹 事 長 佐々木 氏
 理    事 高島 氏 ・ 飯田 氏
 監    事 岩浅 氏 ・ 水上 氏
 ブロック長 鹿島 氏 ・ 花井 氏


樋浦青年部長、一年間大変お疲れ様でした。


新執行部です。1年間よろしくお願いします!!

投稿者:青年部担当

ページの上へ戻る


 
 

 

「生産者の心意気をアピール・・・スノーメッセージで園児と交流」 JAびばい青年部



 空知管内JAびばい青年部(小西雅幸部長)は、市内の国道十二号線沿いに幅30メートル、 高さ4メートルのスノーメッセージを作り上げた。



  このスノーメッセージは空知管内JA青年部で継続事業として行われており今年で十五年目を迎え、今年は「コメるおもい」をテーマに安全・安心な農産物の生産にかける農業者の心意気を消費者にアピール。



  この日は、市内の各保育園児約百名を招待し、園児らと一緒に通行する車両に交通安全も呼びかけた。
 また、メッセージの裏側には滑り台やスノーモービル会場が作られ、園児たちはそのアトラクションで遊び歓声を上げ楽しんでいた。




  その後、参加した園児らには、青年部員から市内「すぎうら」の美唄産米粉を使ったシフォンケーキと青年部と交流が深い道東十勝清水の「あすなろファーミング」の牛乳が配られ楽しい一日を過ごした。



  小西部長は「いま農産物は安心・安全がキーワード。まずは地産地消からです。自給率向上を消費者に更にアピールていきたい」と意気込みを話した。

投稿者:青年部担当

ページの上へ戻る
 
HOME << ビバ!JA 青年部 >> 女性部

JA びばい
 美唄市農協 美唄市農業協同組合
〒072-0001
北海道美唄市大通東1条北1丁目2-1
電話:0126-63-2161